marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
*Japansese only today...

今日はちょっと時間がないので、ここ最近の感想を一つ。

まだ実際に開催されたのか確認はとってないのですが、本日(May 4)Vancouverで反日デモが模様されることになってました。まぁ、そのこともあってこちらに来ている日本人と歴史問題等について話し合う機会が最近多かったのですが、その中で気が付いたことは、

 「自分があまりにも日本の歴史に疎すぎるということ」

です。(お恥ずかしい・・・)

実際にこちらに来るときに、数年前に購入した歴史教科書(数年前に教科書検定で論議を醸し出したヤツです。)を持ってきていたのですが、これを見ても今回議論されている部分というか、日本がアジアに対して行ったことが十分説明されているのかというと、そうは思えない説明量で・・・。

こういうことはどうしても国に操作されてしまう(どこの国でも自分の国に不利益なことはそれ程大きく取り上げたくないものなので)ので、そのまま鵜呑みにすると危ないなぁ~と。

やはり基本に戻って、

 「自分で見て、聞いて、調べて、自分で考え、自分の意見を持たなくてはいけないな」

という、ごく当たり前のことに行き着きました。


今は幸運にもインターネットいうものが身近にあるので、情報だけは以前よりも仕入れやすくなってきていると思います。もちろんその情報がすべて真実だとも限らないし、意識的に操作されている情報である可能性も大いにありえますが、いろいろと違った角度やキーワードで探してみると様々な意見・考え・事実(信憑性を疑わなくてはなりませんが)を得ることができます。

このたくさんの情報元の中から自分なりの真実を導き出す作業が必要なんだと思います。

歴史について調べることも必要ですが、とりあえず身近なところから、自分の国の基本情報、自分の友人の国の基本情報から始めて、歴史や政治についても知って考え・意見の範囲を広げて行こうと思ってます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

反日デモ、ドイツでも明日やるみたい。でもね、この問題。。。教科書だけが問題か?ってこと。教科書にはあまり書かれていなくても、私たちは小学校とかで夏休みの課題として読まされたよ、そういう本。

それより問題なのは中国人が自分の国のことを良く知らないって事。しかし、知的な中国人はわかっているから、この問題、鼻で笑ってるよ。たしかに日本が過去にやったことはひどいこと。それは認めるけれど、じゃぁ、いつまでそれについて責められなきゃいけないのか?ってこと。じゃぁ、アメリカは日本に謝罪したことありますか?日本のように、被害国に対して毎年多大なお金を払っていますか?(この事実を多くの中国人は知らなかったりする)どうなのよ?ってこと。

中国は社会主義国。自分の国の体制を維持するためには、敵が必要。中国は本来国に向かう国民の不満を、反日教育によって日本に向けている。日本がいなければ、中国って国は今頃つぶれているかも。

だいたい反日デモによって、中国は自分で自分の首を絞めているんだよね。日本は中国以外にも安い生産拠点があるけれど、中国は日本企業が出て行くとまずいけじゃない。それを分かってデモしてるのか?って感じ。それにね、ここドイツでも中国の評判はすこぶる悪い(中国とは取引したくない・関わりたくないという意見を多々聞く)。「中国市場がくるぞ!」って言われて何年たつ?結局、来そうで来ない。自分で自分のチャンスを壊してるんだよね。

このテーマに関しては私、かなり興奮してしまいます。

Nao | URL | 2005-05-06 (Fri) 13:48 [編集]


> Nao
コメントありがとう。確かに興奮してるねぇ。(笑)

> 反日デモ、ドイツでも明日やるみたい。でもね、この問題。。。教科書だけが問題か?ってこと。
> 教科書にはあまり書かれていなくても、私たちは小学校とかで夏休みの課題として読まされたよ、
> そういう本。
これについては個人差があるよね。先生に依存しちゃう。
熱心な先生なら教科書以外でも勉強させてもらえるけど、そうでないと教科書の内容が大半になってしまうよね。

正に、これが教育の恐ろしいところだと思ってます。


> 中国は社会主義国。自分の国の体制を維持するためには、敵が必要。中国は本来国に向かう
> 国民の不満を、反日教育によって日本に向けている。日本がいなければ、中国って国は今頃
> つぶれているかも。

これについては、わかる気がします。
あれだけの国土を治めるためには統一されたものの考え方や見方、あるいは敵が必要ってのは集団の心理的にも良くわかるからね。個人的にはやり方が帝国主義の日本と似てるなぁと思ってます。


> だいたい反日デモによって、中国は自分で自分の首を絞めているんだよね。日本は中国以外にも
> 安い生産拠点があるけれど、中国は日本企業が出て行くとまずいけじゃない。それを分かって
> デモしてるのか?って感じ。それにね、ここドイツでも中国の評判はすこぶる悪い(中国とは取引
> したくない・関わりたくないという意見を多々聞く)。「中国市場がくるぞ!」って言われて何年
> たつ?結局、来そうで来ない。自分で自分のチャンスを壊してるんだよね。

これについては色々な見方があると思う。naoの見方も良くわかるね。確かに中国はある意味自分の首を絞めているのかも。特に生産拠点としての立場としてはね。もっと安い東南アジアにも今は目が向いていて、着々とタイやベトナムなんかも品質が上がってきているからねぇ。

でも、一方で、こういう見方はどうだろう?「中国はもう日本なんて目にも入れてないのかもしれない」って見方もできない?もう中国は日本ではなくて、アメリカ(経済+軍事力)、ロシア(軍事力)、インド(経済成長)、EU(経済)を見てるんじゃないかなぁ。日本は見るにも値しないような状態と判断されて、日本の上にいるアメリカさえ押さえておけば大丈夫と思われてるんじゃないかと。最近の中国の成長率(GCP成長率は軒並み8%~9%)で、一方の日本は社会構造がおかしくなってきてしまっていて、欝や不登校、フリーターの増加と失業率の増加、それに伴う貧富の差、教育の差が目に見えてきてしまっているように思うからね。経済や社会を減速させる要素が多くなってきているように思える。数年前だったらテレビの中での話でそれ程実感がなかったんだけど、今じゃその影響も自分の直身の回りにまで来ていて、他人事じゃなくなりつつあるし。こういう状況を身近で感じていると、中国の動きは「もはや日本を相手にしなくてもいい」というようにも取れたりしちゃんだよねぇ、個人的には。

日本はハッキリ言ってこのままだと国際的に沈没してしまうんじゃないかってのが、自分が危惧していることろです。これを巻き返すために自分で出来ることをやっていこうと思ってます。

maro | URL | 2005-05-10 (Tue) 04:55 [編集]


小中学校教育ってある程度統一されてるんじゃないの?私はみんなそういう本読まされてるって思ってた。違ったの!日本人が中国で何したかっていう本田勝一かなんかの結構キツイ内容の本だった。気持ち悪くなったもん、読んでて。

中国ね、日本なんて眼中にない論、それ大いにありえる。でもねぇ~。中国も世界からだんだん見放されてるんだよ、それ気付いてますか?って感じです。人の振り見てわが振り直せって!人を批判するのは簡単だけど、その前に自分は正しいですか?って問い直して欲しいよ、中国人。

中国市場に対するヨーロッパの興味は徐々に低下していると言う印象を受けます。実際行ってみて、見てみて、やっぱこの国はダメだわ!って思うみたい。お金だけで動いてるでしょ、あそこ。それに「引く」ってことを知らないから、中国人。今はまだ北京オリンピンクでかろうじて持ってるけど、一部の経済専門家によると、オリンピック後、中国経済は破綻するって見方もあるからね。オリンピックにすべてをかけていて、それに向けてすごいずさんな計算・計画をしているらしいから。その後のビジョンがないんだよね。オリンピック後の中国の行方にはちょっと注目。中国は危ないと思うぞ。人を批判する前に自分の足元固めておきなさい!って思うよ~。

まっ、それを抜きにしても、今後の日本の将来は暗いね。でもね、日本の抱える悩み・問題。先進国共通だったりするよね。ドイツでも同じようなことが社会問題になってますよ。日本だけでなく、世界中ちょっとおかしいのよ。カナダはどうだ?

Nao | URL | 2005-05-10 (Tue) 13:38 [編集]


> nao
コメントありがとう♪

> 中国市場に対するヨーロッパの興味は徐々に低下していると言う印象を受けます。実際行って
> みて、見てみて、やっぱこの国はダメだわ!って思うみたい。お金だけで動いてるでしょ、
> あそこ。それに「引く」ってことを知らないから、中国人。

最近、中国とアメリカは凄く似てるなぁ~と思わされることがあります。特に「お金だけで動いてる」、「引くってことを知らない」という点ではねー。二つの国を見ていてちょっと怖いなぁ~と思わされるのは、両国とも自分の国以外を受け入れるという姿勢が薄いように見えるところ(ちょっと排他的かなぁ~と)。自分の国に誇りを持って意見主張できるのは悪いことではないのかもしれないけど、妥協の余地があまりに見えないというか・・・。
その主張スタイルだと自分の意見に反対の国はすべて敵になってしまって、議論は永遠に平行線のまま・・・、行く末は戦争・・・。お金思考とこの排他的な思考が合わさるととても怖いなぁ~と。石油や鉄鋼などの天然資源の利権を巡っての争いが起こってしまう・・・。(どこかの国がやってるように)
そう思ってしまいます。


> 今はまだ北京オリンピンクでかろうじて持ってるけど、一部の経済専門家によると、オリンピ
> ック後、中国経済は破綻するって見方もあるからね。オリンピックにすべてをかけていて、
> それに向けてすごいずさんな計算・計画をしているらしいから。その後のビジョンがないんだ
> よね。オリンピック後の中国の行方にはちょっと注目。中国は危ないと思うぞ。人を批判する
> 前に自分の足元固めておきなさい!って思うよ~。

「その後のビジョンがないんだよね。」ってのも一つの見方だと思うね、確かに。でも断言するのはちょっと危ないと思うよ。中国は日本が失敗した欧米文化の取り込みについは、日本よりは気を使っているように思えるんだよね。日本の場合は戦争に負けてしまったから急激な欧米文化(特にアメリカ文化)の流入に耐えられずに、数々の日本の文化が破壊されてきてしまったように思えるし、それに伴ってアメリカ依存の体質に変えられてしまったように思える。中国は以外にその辺の事をちゃんと見ていて、段階を踏んで経済開放や文化の受け入れを行っているように思える。まぁ、最近の中国の発展が目まぐるしいために、ちょっと制御しきれていないところもあるのかもしれないけど、それでも戦後の日本に比べればマシな方かなと。そいう政策を取ってきている中国がオリンピックの先を全く考えていないってのは、僕にはちょっと想像し難いです。何か持ってるような気がするんだよねぇ。(まぁ、これは個人的な意見なので、何も根拠はないけどね。)


> まっ、それを抜きにしても、今後の日本の将来は暗いね。でもね、日本の抱える悩み・問題。
> 先進国共通だったりするよね。ドイツでも同じようなことが社会問題になってますよ。日本だけ
> でなく、世界中ちょっとおかしいのよ。カナダはどうだ?

先進国共通の悩みってのはわかる気がする。ある程度経済成長が進んでくると直面する問題なのかもしれないね。でも、もう既にヨーロッパはその問題(欝や不登校、フリーターの増加と失業率の増加、それに伴う貧富の差、教育の差が目に見えてきてしまっている)について、次のアクションを取り始めてるんじゃないのかなぁ。その一つ(一つの側面でしかないけど)がEUであり経済統合だと思ってるんだど、この考えについてはどうだろう?
ヨーロッパは気がついたんだと思う。一国主義では駄目だって。協調が必要だって。とてもmatureだよね。歴史的に見ても争いの多かった地域だからね。最近、ヨーロッパの人と過ごすことが多いんだけど、すごく日本人的というか周囲に気を使う(人に気を使う)人が多いなぁと感じさせられているのも、そう思える理由なのかもしれないけどね。アメリカ人にはあまり見受けられない傾向だからね。(今まで自分が接してきた、見てきた範疇ではね)

カナダはどうかというと・・・、正直よくわかりません。(笑)
特に僕の今いるバンクーバーというところは特殊で、色々な文化や人種が混ざっていて、何がカナダなのかがよくわからないところだからね。ただ言えるのは、「アメリカよりもカナダは他を受け入れることができる」ってことと、「カナダはアメリカに対して少し距離を置いている」ってことかな。

カナダでの滞在ではとてもいろいろなことが学べてます。

maro | URL | 2005-05-12 (Thu) 13:24 [編集]


この話、尽きることがない。常に言いたいことが出てきちゃうわ。結論のない話だから。

>もう既にヨーロッパはその問題(欝や不登校、フリーターの増加と失業率の増加、それに伴う貧富の差、教育の差が目に見えてきてしまっている)について、次のアクションを取り始めてるんじゃないのかなぁ。
うっ。それは違うと思う。単にね、利便性の問題からだと思うよ、欧州統一。実際ドイツ、ぜんぜん何も対策取れていないし、ドイツには閉塞感が広がってます。たしかに通貨が共通になったり、規制基準が統一されたり、いろいろ良いことはあるんだけど、個々の国ではぜんぜん対策できてないのが現状です。

一国主義っていうか、ヨーロッパはもともと国境なんてあってないようなものだったんだと思う。何度もの戦いを通して、国境が何度も変わり、そして「何人」っていう区別も役に立たない場所。みんな言ってみれば、ハーフだったり、どこかで別の国の血が入っているわけで、これからはそれがドンドン混ざってくる。言語も結構似ているしね。これまでも一定の国は宗教で繋がっていたけれど、宗教意識が希薄になっている昨今、それに代わるモノを探していたっていうのもあるんじゃないかな?

Maroの周りには周囲に気を使えるヨーロッパ人が多いとのこと。これは特殊な例だと思う。海外に積極的に出て行くような人はやっぱりバイタリティがある人たち。それにイロイロなことにオープンな人たちしか行かないでしょ?ドイツに居るふつうの庶民たち、見ていると、この人たちって一体…?ちょっとは周りに配慮しなよっ!って思うことが多々。実際かなりフラストレーションが溜まります。

こんなことゆっくり考える時間もカナダ、海外に居てこそじゃないかな?私もドイツに来てイロイロ見て、イロイロ考えるようになったから。い~っぱい見て、い~っぱい考えてください!そしてお互い日本に帰った際には、お酒でも飲みながら、熱く討論しよ~!

Nao | URL | 2005-05-13 (Fri) 06:53 [編集]


> Maroの周りには周囲に気を使えるヨーロッパ人が多いとのこと。これは特殊な例だと思う。海外
> に積極的に出て行くような人はやっぱりバイタリティがある人たち。それにイロイロなことに
> オープンな人たちしか行かないでしょ?

こりゃごもっともです、ハイ。日本人に置き換えてみてもそうだしね。その国に行ってみて自分の目で耳で確かめるのが一番だからね。ヨーロッパ、帰りに寄ってみたくなったよ。

> こんなことゆっくり考える時間もカナダ、海外に居てこそじゃないかな?私もドイツに来てイロイロ
> 見て、イロイロ考えるようになったから。い~っぱい見て、い~っぱい考えてください!そしてお互い
> 日本に帰った際には、お酒でも飲みながら、熱く討論しよ~!

その通りだねー。焼酎でも軽くひっかけながら熱く語りましょう♪
あぁ、日本食が恋しい・・・。

maro | URL | 2005-05-15 (Sun) 17:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。