marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
本日、17:00に引越し業者が来るということで、26日の夜から徹夜で引越し作業をする羽目になりました。まともな引越し作業って初めてなので、ちょっと甘く見ていたところ、出るわ出るわダンボールの山。10箱ちょっとかなぁ~なんて思ってたら、実際のところは25箱+2箱分でした。(2箱は引越し業者が来る時間に間に合わなかったので宅急便にしました。)甘かった。。。

まぁ、17:00には間に合わなかったのですが、引越し業者が遅れて18:00過ぎにやってきたため、ギリギリセーフ。なんとか荷物を送り出すことができました。

荷物を送り出した後の家の中はこんな感じでした。
20050113065647.jpg

20050113065654.jpg

20050113065659.jpg

まぁ、なんとか間に合ってよかった。

引越し作業で一番時間がかかるのは梱包作業だと思いますが、この梱包作業に時間がかかった理由が一つあります。それはテレビです。

27日の午前2時くらいから「加藤家へいらっしゃい」という番組がやっていて、そいつにやられてしまいました。この番組については賛否両論あるようですが、私は大好きです。ちょー面白い。名古屋弁でいうなれば「どえりゃ~おもしろい」です!
    「加藤家へいらっしゃい」HP
  • http://nagoyatv.com/katoke/index.html


この番組、アメリカン・コメディの日本版、というか名古屋版という感じで、アメリカン・コメディ番組が大好きは私にとっては、まさにツボにハマる内容でした。

そしてちょっと番組について調べてみたところ、
    「あずスタ」
  • http://adstv-web.cocolog-nifty.com/studio/2004/10/post_6.html



「あずスタ」さんでのコメント

<前略>

なんとそのドラマの監督は、「世界の中心で、愛をさけぶ」、「池袋ウエストゲートパーク」、「トリック」等の有名ドラマの監督も務めた、あの堤幸彦さんなんですよ・・・あっ、なんだがや! 「なんで堤さんが名古屋で?」って、実はその堤さんは名古屋出身なんだがや!

<後略>


という「あずスタ」さんのコメントにもある通り、監督が「堤幸彦」さんだったんですよねぇ~。そりゃハマるわ。だって、「ケイゾク」も「トリック」も「池袋ウエストゲートパーク」も「世界の中心で、愛をさけぶ」(あ、セカチューはまだ見てなかった。)もすべて、ハマってしまっていたんですから・・・。この人の作る作品に惹かれてしまうのは仕方が無いですね。

また、時間を作って「加藤家~」も制覇しないといけなくなりそうです。

    「堤幸彦」さんについて(はてなより)
  • http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C4鹬ɧ?kid=6001
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。