marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ここのところ、仕事が本格的に始まり少し忙しくしておりました。書きたいことはたくさんあるのに、なかなか時間が取れず、効率的にやるためにはどうしたらよいものかと思案中です。 まぁ、週に一回くらいはちゃんとブログ更新できるように頑張ります。



さて、「デンマークに来てよかったなと思うことシリーズ」ですが、その1からだいぶ経ってしまったので、「デンマークにはいいことはチーズ以外にないのか?」と思われた方もおられるかもしれませんが、ご心配なく、その他にもいいところはあります。(まだ、”たくさん”と言えないところが悲しいですが。。。笑)

デンマークに来てよかったなと思うこと(その2)ですが、それはズバリ「硬水が普通に(しかも安く)飲める! しかも、そんなに不味くないし、ミネラル豊富♪」だということです。

デンマークの水は硬水です。日本で硬水を飲もうと思うと、エビアンを飲んだり、もっと硬い水となればコントレックスを飲むことになると思いますが、これは結構値段が張ります。 が、ここデンマークでは水が安いんです! 2リットルで62円くらい(今日現在のレート)でミネラルの多い硬水のミネラルウォーターが買えてしまうんです。

(2リットル62円くらいの硬水)
DK_Water01.jpg

一度、リビングスタンダードの計算をいろいろなものの値段を基準に計算してみましたが、どの基準で計算しても、水は日本よりも安い、という結果になりました(チーズも計算してみましたが、こちらも日本より安かったですね)。 さらに、水はここデンマークでは普通は買わないで水道水を飲むので、これまた破格。 今度、新しいところに引っ越しますが、新居は水道代金はタダだそうです。 驚きの安さ

DK_Water02.jpg


んで、ここで聞こえてきそうな声が、「水道水って、不味いでしょ。 それ飲むの~?」というコメント。


どの国でもそうですが、普通、Tap Waterはマズイというのが通説です。というのも、いろいろと処理された水が最終的にご家庭に届けられるので、その過程で塩素やらなんやら、いろんなものが入って、結局、マズイ水になってしまうってことなんだと思うんですが、デンマークの水はどうやら違うようなんです。

同僚に聞いたところ、デンマークの水は井戸水がベースなので、基本的に自然の水であり(ちゃんとある程度の消毒はされていると思いますが。。。これについては未確認)、また、よほど古い施設でない限り貯水槽のようなものがないので、常に新鮮な水が蛇口から出てくるのだそうです。 だから、デンマーク人は普通に水道水を飲んでいるんだそうです。生まれたての赤ちゃんでも全然平気なんですって。

これを聞いた時には「本当かいな?」と思ってしまいましたが、だんだんと硬水に慣れてくると、確かにウマイかも、と思うようになってきました。硬水自体の飲みにくさは軟水に比べればありますが、それを除いて考えれば、確かにウマイんじゃないかと思います。ここ最近は冷たくておいしいので、さらにおいしく感じますね。


さらにさらに、硬水のいいところとしては、ミネラルが豊富なので、便秘がちの人にはもってこい
私も日本にいるときはお通じのいい方ではなかったですが、こちらに来てから快適お通じライフ(笑)を送っております


まぁ、飲み水に関して言えば、デンマークに来てよかったなぁ~と思ってます
(敢えて”飲み水”に限定した理由は、また別の機会にでも説明しまーす。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

硬水

硬水、飲み水としてはいいですよねぇ。
ここイギリスでは、歯医者さんの虫歯治療技術が恐ろしくヘタクソらしいです。
理由はイギリス人はほとんど虫歯にならないから!らしいです。
子供の頃から、硬水でしかも何か歯を強くするフッ素が入ってるらしい。
味は。。飲めなくないです。
ただ、その他で困ることが。。というのは、きっと次回のネタなのでしょうから控えておきます♪

kanako | URL | 2012-01-27 (Fri) 11:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。