marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
本日は新橋演舞場へと足を運んで参りました。

演目は、「澤瀉屋(おもだかや)」の皆様による、

 新橋演舞場 弥生花形歌舞伎
 猿之助十八番の内
 ひとりたびごじゅうさんつぎ
 獨道中五十三驛
 市川右近十五役早替りならびに宙乗り相勤め申し候


 期間:平成21年3月4日(水)~23日(月)
 http://www.kabuki-bito.jp/theaters/shinbashi/2009/03/post_13.html


市川右近の早替りに、市川笑三郎&市川春猿のおやえ&おきちの繰り出す世相風刺も含んだコミカルトーク(この二人の人気は結構なものでした)と、前回見た歌舞伎とは大分違う趣向の歌舞伎を楽しむことが出来ました。

歌舞伎初心者の自分は、前回見たようなものが歌舞伎なのだろう、と思い込んでおりましたが、宙を舞ったり、バク宙したり、水が出てきたり・・・、こういったものもあるのかぁぁぁっっと驚かされたと同時に、すごく新鮮で楽しむことが出来ました。

早替りは本当に凄かったです。最初、あれマジック?と思わされるくらい、見事な早替りでした
また観に行きたいと思います

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。