marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
ラグビーの世界では”当たり前のこと”と言ってもいいくらいとても有名な言葉ですが、今日、弊社の会長のFarewell Partyで、ふと、この言葉を思い出しました。

弊社の会長は30年前に一人の秘書と共に二人で日本法人を立ち上げました。それから30年の月日を経て、今では900人余りの社員を抱える会社にまで育て上げました。

彼はこの30年間、想像もできないほどの苦難とChallenging(英語圏ではよくこう言います)な状況を乗り越えてきました。サポートしてきた古株の社員や弁護士の方はその苦難の道を、「よく乗り越えてきた」と称え、30年を共にしてきた秘書さんからは「その決してあきらめない、Never Give-upの精神から、本当に多くのことを学びました」と、彼の実績に対しての惜しみない賞賛の声があがりました。

しかし、そんな彼が、今日のFarewell Partyで言っていたことは、

 「私は何一つ自分だけで成し遂げたことはない。いつも仲間がすべてを成し遂げてきた。」
 (本人は英語で言っていたので、こんな感じのことを言っていたとしか言えませんが。。。)

という、とても謙虚な言葉でした。

この言葉は、経営側に回れば回るほどよく聞くものですが、彼の言葉にはなぜか重みを感じました。きっと社員二人から初めて30年の月日を経て1000人弱になった社員を目の前にしての発言だったからこそ、その言葉の意味や思い、重みを感じることができたのでしょう。

また、ここで思うのは、自分自身のチームを引っ張る能力はもちろんのこと、自分一人では成し遂げられることには限界があり、ある一定以上の会社の規模になれば、自分以外のチームの力は不可欠である、という言われてみればごく当たり前のことを真摯に言葉にされたのではないか、ということです。
これを今の自分に当てはめて考えてみて、どれだけチームの協力を上手く引き出せる能力をもっているのか、どれだけチームの力を最大限発揮できるように自分は努力しているのか、尽力しているのか、と考えると、とても当たり前であって学ぶべきことが多い言葉に思えます。

 「One for all, all for one」

この言葉の通り、彼は地道に会社や社員のことを思って、真摯に日々の仕事に取り組んできた結果、30年という歳月をもって、今日のような結果を残せたのではないかと思います。

この言葉を本当に自分の心から発することができるようになるには、いったいどのくらいの年月が必要なのでしょうか?

早くこの言葉を発した際に重みを持たせられるような、そういった人材になるよう、日々精進していきたいと思ってます。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。