marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
デンマークに来てよかったなと思うこと(その3)は、洗練されたデザインの建物がたくさんあり、それを楽しむ事ができることです。デンマークデザインはご存知の通りとても洗練されていて、身の回りの文具から建物まで幅広く楽しむ事ができます。その中でも特にいいなーと思うのは建物のデザイン。

先週の土曜日にDRコンサートホール(DR Koncerthuset)へ行ってきたのですが、このコンサートホール、流石に評判のホールだけあって、そのデザインは素晴らしいものでした。残念ながらiPhoneしか持っていなかったので奇麗な写真は撮れませんでしたが、いくつか撮ったのでご紹介します。

こちらは外観。といっても暗いので、ライトアップされたり模様が映し出されているところしか見えないですね。
ちゃんと撮られている写真がWikiに載っていたので、それをこちらにリンクしておきます。スーパーかっこいいです
IMG_4092.jpg

中に入ると、2階部分にバーカウンターがあり、ショーが始まる前に軽く一杯しながら、友人とおしゃべりしながら開演を待つ事ができます。
IMG_4095.jpg

IMG_4096.jpg

中はこんな感じです。今回は鼓動の演奏だったので、和太鼓が並べられています。
IMG_4102.jpg

IMG_4103.jpg

IMG_4105.jpg

廊下部分はこんな感じ。とってもお洒落です
IMG_4106.jpg

天井はこんな感じ。
IMG_4107.jpg

2階席、3階席もあるのですが、2階席部分から観るとこんな眺めです。
IMG_4108.jpg

IMG_4109.jpg

IMG_4110.jpg


とまぁ、このコンサートホールは来るだけでも十分楽しめる場所でした。これにプラス、ショーやオケの演奏があるので、一度デンマークに来たら訪れてみるのもいいんじゃないかと思います。私はまた何かのショーやオケ等を聞きに来たいと思います


ここで少し鼓童(KODO)のご紹介を。

鼓動とは"新潟県佐渡市小木の山中の鼓童村を拠点とする約80人のプロ和太鼓集団(ウィキペディアより)"で、KODO One Earth Tourというワールドツアーを通して、日本の伝統文化の一つである和太鼓を使っての演奏を世界中の人々に披露してくれています。2011年がワールドツアーの30周年だそうで、昨年後半から世界を周り、先週の土曜日にここデンマークまで来て、素晴らしい和太鼓プレイを披露してくれました。

こちら、KODO One Earth Tour 2012のパンフ。なかなかカッコいいです
IMG_4111.jpg


鼓童のプレイは、一度観ていただけたらわかるのですが、「誠心誠意、全身全霊を込めた魂のプレイ」と言った感じで、ものすごい気迫を感じるものでした。また、曲と曲の間のちょっとした移動の動きから、全体の構成に至る隅々まで、日本人のおもてなしの心と完璧を求める職人気質がにじみ出ており、そのクオリティの高さにも目を見張るものがありました。

こちは私が観たプレイではありませんが、鼓童のホームページに掲載されているYouTubeムービーです。彼らの誠心誠意の姿勢と気迫が伝わってくるかと思います。


彼らの演奏を拝聴して、何と言うか、日本人の忘れていた大事なものを思い出させてもらえたような気がします。ここ最近、「全身全霊」、「誠心誠意」、「職人気質」に「おもてなしの心」といったものを、自分が忘れていたことに気づかされました。

今回の彼らの講演で、私は完全に鼓童のファンになりました。デンマークでは一年に一度しか観ることができませんが、来年も必ず彼らのプレイを観に来たいと思います

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。