marolog - a story of lives (in Denmark)

What maro sees, hears, smells, tastes, touches, and feels in his life will be told in his way in this blog. So today, what you'll see through his eyes?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
やっと、あの愚かな、本来の趣旨から逸れてしまっていた、"時間だけ"の「ゆとり教育」から、抜けられそうです。10年間も続けられていたんですね。この10年でどれだけの国力が損なわれたのか・・・。

あとは、授業時間をただ増やして元の時間に戻すだけでなく、指導要領改定の本旨であった「考える力を如何に養うか」について、具体案がどれだけ出てくるかと、それをどこまで現場の先生達にまで浸透させることができるのか、ですね。

指導要領改定案については、文部科学省のホームページに掲載されています。

この指導要領改定案に対するパブリックコメントというのが2008年3月16日まで行われています。意見のある人はこのパブリックコメントを利用して、文部科学省に指導要領案についてコメントできるそうです。
これはなかなかの制度かと思いますので、早速コメントしてみようと思います。興味のある方は是非x2♪


昔から、ビジネス世界で広く求められている、いわゆる「問題解決能力」ですが、これって、教育期間中(小学校、中学校、人によっては高校、大学、大学院などの期間中)にどれだけ「考える力」が養われるかが大きなポイントなんではないでしょうか。

というより、「考える力」の養成が日本人の世界的地位・立場に直結してきており、今後の日本人の行く末に大きく関わっているように思います。

今後も教育関連のニュースについては、目が離せません!!

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。